自分の好きな海外ギタリストpart7‼️ジェフベック

ジェフ・ベックと言えば 

世界3大ロックギタリスト

ジェフ・ベックエリック・クラプトンジミー・ペイジの一人‼️

ジェフ・ベック

ロック期を

セッションギタリストから始まり

ヤードバーズの参加を経て

ロッド・スチュワート

ジェフ・ベック・グループを結成

して代表作のベック・オラを発表

Side14曲目の監獄ロックのアレンジは最高‼️

そしてベック・ボガート・アピスを経て

フュージョン期へ

ここから

ビートルズのレコーディングプロデューサーのジョージ・マーティン

迎え

インストゥルメンタルアルバム

ブロウ・バイ・ブロウを発表

Side21曲目

悲しみの恋人達の哀愁あるギタープレイは秀逸です‼️

ここから

フュージョン色の強いワイヤードを発表し

このころからジェフ・ベックのギター職人由縁の奏法に磨きがかかり

2020年からジョニー・ディップとコラボしてジョン・レノンの孤独をカバーして発表‼️

どこまでも進化し続ける

ジェフ・ベックから目が離せません‼️